いびきがかきやすくなるメカリズム|原因をしって防止策を練る

枕のあれこれ

寝具

上質な枕の人気の理由は睡眠へのこだわりを持つ人が増えたことと枕専門店が店舗展開して身近な存在になったことです。理想の枕選びに大切なことは自分に合った高さを見つけることと中身の素材の選ぶ基準を自分で定めることです。

詳細へ

ライフスタイル改善のコツ

困る人

意外な習慣も原因に

いびき防止策はたくさんありますが、実は晩酌を控えることも効果的ないびき防止策です。いびきをかいてしまう原因の1つは、アルコールです。あまり知られていませんが、アルコールにはいびきをかきやすくなる作用が少なくありません。お酒を飲むと顔全体がむくんでしまいますが、顔がむくむ時は鼻の粘膜も腫れぼったくなります。この影響で鼻が詰まりやすく、いびきをかきやすくなります。いびきのせいで一緒に寝ている家族や恋人から文句を言われ、困っている方も大勢いらっしゃいます。いびきは生まれつきの体質、と諦めている方が大半ですが、お酒が原因ならアルコールを控えれば良いだけなのですぐに実行することができます。いびきを防止すると共に肝臓も休めることができ、健康対策にもなるので一石二鳥です。

お酒でむくむ仕組み

お酒はいびきの原因の1つです。いびきを防止するには、アルコールを控えることがとても効果的です。そもそもなぜお酒でむくむのか、疑問に感じる方もいらっしゃるはずですが、理由は2つ考えられます。まず、アルコールには利尿作用があるので飲酒後は喉がすごく乾きます。喉の渇きを落ち着かせるためにたくさん水を飲みたくなりますが、飲んですぐに水分が体内に吸収されるわけではありません。既に必要量の水を飲んでいるのに激しく喉が乾いてどんどん水分を補充してしまうと、むくみやすくなります。しかも睡眠中は抗利尿ホルモンが分泌され、水分を溜め込みやすくなります。本来尿として排出されるはずの水分が体内に留まり、むくみの原因になります。利尿作用と抗利尿ホルモンの影響を受けないよう、もしお酒を飲む時は晩酌を早い時間帯にするのがおすすめです。

ポカポカが気持ちいい

手

遠赤外線は鍋や岩盤浴以外に毛布や湯たんぽなどからでも発生し、紫外線と異なり安全性が高いことから様々な暖房器具に利用されています。体の芯から温まる作用があるものの時間がかかるため、様々な技術により早く温まるように工夫されています。

詳細へ

健康改善にお勧め

婦人

ラクシーとは、ダイエットや美容、健康に効果のある補正下着です。今話題の補正下着として注目されています。リンパに対しての効果が大きく、ウエスト部分の脂肪燃焼につながります。無理なく続けていくと効果が現れていきます。

詳細へ